2013年5月26日
イメージ 1
 
週末は学生時代に所属した同志社大学サイクリングクラブの創立50周年記念総会出席のため、京都に行ってきました。よく喋りよく食べた、本当に充実した2日間でした。
 
イメージ 2
 
土曜日、車をデポしてまずは母校キャンパスを訪れ、その後衣笠から新歓ランで峠越えの洗礼を受けた京見峠を目指します。京見峠は勾配も手頃で、汗がにじんで来た頃には、営業を止めた峠の茶屋に着きました。生憎峠からは京都の町並みは見えませんでしたが、もう25年は来ていない峠でもカーブの位置や勾配は結構覚えているもので、余裕を持って上がることができました。
 
イメージ 3
 
次は千本通りを下って総会会場を目指します。会場は200人を超すOB・OGの歓声と笑顔にあふれ、沢山の懐かしい顔に出くわしました。峠オヤジさんや著書多数のアドベンチャーサイクリストSさん、シマノからはデュラエースの開発責任者だったJさんやレーシング監督だったI君も駆けつけていて、創設者による創部時代のサイクリング事情のスピーチなどもあり、改めてその歴史と人脈の豊かさを実感しました。
 
イメージ 4
 
総会はカレッジソングやチアーで〆となりましたが、実はそれからが長かった!京都駅前のパブでの二次会、京都が本拠地である餃子の王将での三次会にも飽き足らない一行は、北白川の天下一品総本店を目指します。27年ぶりの本店は気合いが違って麺も自家製麺(?)、スープもフランチャイズの粉っぽい味とは異なり切れ味があるように思います。
 
イメージ 5
 
こってりラーメンを胃袋に収めて、本日のビバーグ地点である北山・花脊峠を目指します。(もちろん自動車ですが。)やっと峠にたどり着き峠脇にテントを張り終えて、おなかいっぱいでしゃべり疲れた一同はすぐに深い眠りに落ちて行きました。