2015年2月28日
イメージ 1
 
春到来を実感する陽気に誘われて、ようやくマッドガード装着を完了したQUARK号をお散歩に連れ出しました。ガードの形状がカンパレコードのサイドプルアーチと合っておらず、結局7402デュラエースに付け替えての完成でしたが、今時のブレーキのような色つきではないので、他のカンパパーツにすんなり溶け込むことができたようです。ガードのセッティングは「旅する自転車の作り方」を参考としつつも、面倒くさがりの私は両端はオリジナルの折り込みを残したまま。細山さんの工作が正確なので、ガードの穴開け・組み付けも順調でした。尤も、フレーム納品時に細山さんは「大変だった。」とボヤいておりましたが。
でもバフ仕上げのフル・マッドガード、やはりいいですね~自転車の格が間違いなく上がります。秘蔵のサンツアー製アダプターを介して装着されたLEDマグライトもステーへの干渉もなくすんなりと装着することができました。ツーリングには日東蔵王フロントバッグとキャラダイスサドルバッグを装備すれば2泊3日程度のツーリングには対応できそうです。
肝心の走りですが、車輪はマビックアクシウムにミシュランPRO3/4のロードバイクまんま仕様で、転がり感ははいつもの練習用パナモリと変わらず。ブレーキもストッピングパワー自体は歴代最強と言われる74デュラのデュアルビボットですから不満は全くありません。ガードクリアランスはさすがに小さくて、物を巻き込んだら破損は回避できないでしょうが、まあ長期ツアーに旅立つわけでもないので、趣味の許容範囲でしょう。ちなみに乗り心地はパナモリとは大違いで、QUARK号は「ビヨヨヨ~ン」とバネの上に跨ったような気持ちになります。
 
イメージ 2
そう言えば、サンツアーミーティングの案内が出てましたね。このQUARK号はサンツアー(マグライトフォルダ)。スギノ(リッチーロジッククランク、アウターギヤ)、サカエ(ロードチャンピオンハンドル)装着のサンツアーポイント2.5なので、とりあえずの参加資格はありそう。後は仕事と娘のロードレース参加スケジュール次第ですが、とりあえずはエントリーしておこうと思います。