2019年8月11日
イメージ 1

福井の実家に墓参りのため帰省の週末は、大学が同窓・同級のサーバサイクルズの藤井さんとプチツーリング。福井市内から日本海に面した道の駅越前を目指し、そこから一気に標高350mを稼いで熊谷峠を越えるという酷暑にはなかなか手厳しいコースであったが、健脚な福井のジモティに刺激をいただいて何とか完走。夏の海の風景を満喫した。

イメージ 2

ライド前半には、滝波という集落に新設された五智如来自転車の駅:ごちステーションに立ち寄り。ここには湧き水があり大助かりだった。また当日は本尊御開扉の日でその歴史解説を拝聴した。ボランティアの皆さんの地元愛には本当に頭が下がる。

で、ツーリング中はやはりここでも自転車談義。サーバサイクルズにはオフロード系を緩く楽しむライダーが集まっており、自転車も個性豊かである。

イメージ 3
店長の藤井さんのバイクはサーリー。タイヤが650Bの47ミリ幅の極太スリックで、見た目はごついがよく転がる。650Bタイヤのバリエーションの豊富さは驚きだ。

イメージ 4
Iさんのクラインはフロントフォークをリジッドに換装し、そのジオメトリーの変化を修正するためフロントを29ER化していた。変速はマイクロシフトのブレーキレバー付けシフトレバー。

イメージ 5
Wさんのサーリーは700C仕様で今日日のツーリング車らしい構成。サドルはセラ・アナトミカが人気のようだ。私以外は全員ディスクブレーキであり、ディスクブレーキがツーリング車でも急速に普及していることがよくわかる。やはり次のバイクはディスクかな?でもそうしたら、ディスクが付いた自転車にしか乗らなくなりそうで怖い。事実ディスクブレーキを導入した同輩の皆さんもうリムブレーキには乗れないと言ってます。ミヤタジュネス・75㎞